Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Profile

  • 千歳
松井酒造は、京都の町中にある
造り酒屋です。

十五代目若女将として、まだまだ勉強の毎日です。2009年度より造りの仕事にも加わるようになりました。<蔵元便り>を通して、蔵のことやお店のこと、京都の毎日などをお知らせして参ります。

お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

Archives

Search

Others

RSS ATOM

明けましておめでとうございます
2018.01.30 Tuesday

あと一日で、一月が終わろうとしています。

新年のご挨拶もできないまま今日になってしまいましたが、皆さまお変わりございませんでしょうか。

私は昨年11月の半ばから、大人なのに“おたふく風邪”にかかりまして、一時期はお店のお仕事も全くできないようになっておりました kyu

本調子に戻りましたのは、お正月を迎えてから。

お取引先さまへも、お店の人にも、家族にも、みんなに迷惑をかけてしまった、とても辛い年末でした。

今も風邪をひいておりますが、その頃に比べれば、とっても元気です。

体調の悪い間にみるみると落ちた体重も、あっという間に取り返して、今はお釣りが来ています。

健康であれば痩せていなくてもいいじゃない、と思って食べ続けたせいです。

今は、健康でいるためには、食事量もほどほどにしなくてはならない、と大きく広がった胃袋に言い聞かせています マジで

平成30年度の松井酒造は、相変わらずとても忙しくさせていただいております。

新しいお店をオープンしたり、売り出しをしたり、明々後日からは節分祭を控えておりますので、作業場は戦場です。

人がお酒や酒粕に埋もれて作業しています。

松井のお店の人は、みなさん、いい人ばかり。

それがお客さまへお伝えできれば良いな、と思います。

今期は、蔵が復活して、九年目の造りを迎えました。

専務が杜氏として独り立ちをしてからは、七年目の造りです。

今年も、初心を忘れず、より良いお酒をご提供できるよう励みたいと思います。

新しいお酒造りにも挑戦できればいいな、とも思っております。

私はとにかく、蔵元便りをたくさん更新させていただくこと、あと、あれもこれも お願い

一つずつ、頑張ります。

でもやっぱり健康が一番大切ですね。

皆さまにとりまして素晴らしい一年となりますことを心よりお祈り申し上げます。

そして、2018年も松井酒造をお引き立て賜りますよう切にお願い申し上げます。


Posted by:kyochitose * Category:日々のこと